Smart Blossom

ダイアナ妃の思い出:プリンス達が語る

約 1 分
ダイアナ妃の思い出:プリンス達が語る

 

 

イギリスのウイリアム王子と弟ぎみのハリー王子。
その二児の母であるダイアナ妃が、
突然の事故で亡くなられたのは、
1997年の8月。

あれからもう20年が経ったのですね。
この事故には陰謀説も飛び交いましたが、
その真意がどうかは、ここでは置いておいて、
二人の息子であるウイリアム王子と
ハリー王子が語った母ダイアナの思い出を、
シェアしたいと思います。

 

http://abcnews.go.com/Entertainment/william-harry-share-intimate-memories-life-princess-diana/story?id=48796538

 

母と過ごした時間は短かった

 

王家とは色々大変なものですが、
親子の絆や愛おしい思いは、
王家も一般市民も変わりはありませんよね。

又、親が仕事が忙しく
子供との時間があまり取れないとか、
子供は勉強や習い事で忙しいとか、
それも又どんな身分でもあり得ることです。

ダイアナ妃やウイリアム王子やハリー王子は、
それぞれ立場上の忙しさがあったでしょう。

息子二人はただ純粋に、
“もっと長くお母さんと一緒に過ごしかった”と。

母ダイアナ妃の思い出は、
この言葉の中に凝縮されています。

 

ぼやけた記憶と後悔

 

母ダイアナ妃が亡くなる前に
ハリー王子は電話で会話をしています。

それはパリからの電話で、
その時に自分が何を話したかは
殆ど覚えていないそうです。

ちょっとした親子の挨拶言葉
だったのかもしれませんね。

まさかお母さんがその後間もなく
この世を去っていくなんて想像だにしませんから。

 

“なぜ最後の電話があんなに短かったのだろう。
もっと沢山話せば良かった。
もうすぐお別れだと分かっていたなら、
私は母に伝えておきたい言葉がもっとあったのに”と。

 

ウイリアム王子の空虚さ

 

ウイリアム王子はこのように語りました。

“私は息子として、あまり母の事を知らない。
周りの人があなたのお母様はこのような方でしたよ、
こんな事をおっしゃられていましたよ、
と教えて下さいます。
でも私はただ笑顔でそれを聞いているだけです。

しかしたぶん母は本当にそのように私に語りかけ、
楽しんでいたのは事実なのだろうと思います。
ですから母は今でもいつも私達の
お傍にいて下さっています。“と。

宝物となったはっきりした記憶

 

これはきっと親子で鬼ごっこかなにかの
遊びをされていた時の事かと思います。

“母の笑い声は今でも鮮明に覚えています。
狂ったように喜んで笑っていました。
そしてぎゅっと抱きしめてくれ、
「もっといたずらっ子になって良いのよ!
絶対に捕まらないでね!」と。

 

https://i.pinimg.com/736x/99/2f/a5/992fa5a0fb4134f0f6b65634cc14176c–princess-diana-photos-princess-charlotte.jpg

本当の人生は宮殿の外にある

 

“母は、私達二人が親の離婚や
宮中の様々な難しい問題に直面し、
荒廃の世界に生きている事を心配していたようです。

そして又、現実世界の人々が持っている
問題を経験する事が大事だと。

母はいつも楽しむのが上手でした。
でも本当の人生は宮殿の外にあると
理解していました。

ウイリアム王子はこのように語られました。

最後に

 

ウイリアム王子は既にご結婚されていますが、
ハリー王子も是非幸せなご結婚をされ、
お互いに新しい時代で希望ある
皇室の家庭を築いていって欲しいですね!

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3154787/Princess-Charlotte-official-christening-photos-Kate-Middleton-Royal-Family.html

 

ハリー王子と結婚ももうすぐか?
と言われている噂の彼女の記事もございますので、
まだチェックしていない方は是非チェックしてくださいね^^

ヘンリー王子と結婚するアメリカ女優メーガンとは?!
ヘンリー王子と結婚する アメリカ女優メーガンとは?! キャサリン妃の懐妊ももちろんおめでたいけれど、 気になる…

 

▲画像をクリック!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)