Smart Blossom

結婚式で得する、損する、 その見極め方は?

約 1 分
結婚式で得する、損する、 その見極め方は?

結婚式で得する、損する、
その見極め方は?
女性公認会計士のアドバイス!

はじめまして!公認会計士の大野静香です。

現在は公認会計士事務所を設立して、
会計まわりの仕事を幅広く担当しています。

いま結婚式を計画している人、そうでない人も
将来の自分の結婚式という人生の一大イベントを
賢く、そしてお得に過ごしたいですよね♪



結婚式で得するか、損するかを見極めるため
「見積書から、支出を分解して考えてみる」

という方法をアドバイスします!

こうすることで、
『どうすれば結婚式をお得に挙げられるのか』
が分かります。

結婚式をお得に挙げる方法

ここで、お得というのは、
「ご祝儀総額-結婚式にかかる支出」が
プラスになることです。

それはそうですよね、入ってくるお金から
出ていくお金の引き算で、お金が残る
という場合です。

今回は、ゲストからのご祝儀平均を
一人当たり4万円とします。

(一般的に、友人からのご祝儀は3万円、
親族からのご祝儀は5~10万円と言われます。)

では、考え方を具体的にご説明します。

結婚式に関わる支出は、
例えば、料理、ドリンク、ドレス、写真やムービー、引き出物です。

その支出の中から、一人当たりのゲストにかかる支出を集計します。

一人当たりのゲストにかかる支出=変動費
(料理、ドリンク、ケーキ、引き出物など)

それ以外の支出は別で集計します。
一回当たりにかかる費用=固定費
(ドレス、写真、ムービー、司会者など)

 

集計してみて、変動費が一人当たり4万円(ご祝儀平均)
を超えている場合。
「ご祝儀総額-結婚式にかかる支出」は絶対マイナスです。

その場合、以下の対策を考えましょう。

①変動費を4万円以下にする
例:料理やドリンクのランクを下げる

②固定費を抑える
例:ドレスで迷ったときはレンタル代が安い方を
選択する、写真やムービーを外注する

一方、変動費が一人当たり4万円以下の場合。

「ご祝儀総額-結婚式にかかる支出」
をプラスにできます。

その場合、以下のことを考えましょう。
①「4万円-変動費」を、ゲストの予定人数で掛ける
例:(4万円-3万円)×80人=80万円

② ①の金額が固定費を上回るか確認する
例:固定費が70万円<①で算出した80万円 ←お金が余る!

固定費を上回っていれば、
お得に結婚式を挙げることができます。

下回っていた時は、ゲストの人数を増やすか、
固定費を抑えれば、お得に変えることができます。

海外での結婚式を考えている人は、
以下のことに注意してください。

日本で結婚式を挙げるときと
異なる点は、チップです。

海外では、ドライバーやカメラマンに20ドル前後
のチップを支払うのが一般的なので、
その金額も固定費に入れておきましょう。

場所にもよりますが、料理やドリンクの相場は
日本より高めで考えた方が無難です。

例えばハワイの場合、日本のホテルで
1万5千円くらいのコースが、
ハワイの同ランクのホテルでは2万円強かかります。

いくつかの式場で迷っている方は、
見学会でもらった見積書を参考に、
支出の分解をしてみて下さい。

結婚式をお得に挙げられる会場が見つかるかもしれません。

 

 

この記事を読んでくださった方に朗報です!

もっとお金について賢くなりたい!という方に、

知って得する!完全無料マネーセミナー
をご紹介します♪

交通費支給、スイーツプレゼントあり♡

気になる方はこちらをクリック!>>>マネーセミナーについて見てみる<<<

 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)