Smart Blossom

(私の履歴)新しもの、アメリカ好きな理由

(私の履歴)新しもの、アメリカ好きな理由

これから私の履歴を書いていこうと思います。

ネットショップをオープンした経緯が
こちらで分かって頂けるかなって思います。

私は新しいもの、アメリカ、海外が好きです。

その遺伝子はやっぱり環境の影響が大きい。
私のおじいちゃんと(通称ジージ)と私の両親です。

その話を今回したいと思います。

私の大好きで尊敬するジージ

私のおじいちゃんは愛治郎という名前でした。
可愛いでしょう?^^
そしてめっちゃハンサムだったのです。

(歳を取ってからは頭がうすくなっちゃったけど、
若い時の写真は俳優さんみたい。)

愛と書いてめぐみと読む私の名前は
彼からもらいました。

ジージは私が20歳の頃に亡くなりました。
彼は一言で言うと、聖人のような人でした笑

彼が怒ったことは見たこと無いし、
優しさの塊というものでした。

結婚50年のバーバのことが大好きで、
いつもふたりで出かけるのが好きでした。

でも、
彼のバックグラウンドはとても波乱万丈です。

戦争のときに両親を亡くしました。
いわゆる戦争孤児ですよね。

teachme.jp

長男だったジージは
弟と妹とともに親戚の家で育ちました。

あまり戦争の時のことは私達孫に
直接は語らなかったですが、自分のストーリーを
本に書いて渡してくれました。

戦争が終わってからは、
米軍キャンプで働くことを選び、
そこで独学で英語を勉強したそうです。
英字新聞で勉強したそう。

teachme.jp

通訳などもやっていたとのことなので、
英語は話せたジージ。今から70年前のこと。

自分でビジネスをやって海外に行ったり、
新しいモノ好きのジージは、カラーテレビとか
新しいものには目がなくてすぐにゲットしていたそうです。

父とおばが、家にテレビがやってきて、
近所の人が居間で集まって見ていた
と言っていました。

teachme.jp

ジージも、海外の世界に憧れがあったのかな、って
思います。
面白いです。

最後、彼が亡くなるときは、1年くらい病院に
寝たきりだったけど、弱音を吐くことも、
辛いと話すこともなかったです。

自分の人生を全うに生きたジージだったし、
色んなものを彼の愛で教えてくれたことに
感謝しています。

私は直接この話を聞いてないのですが、
一緒に私の祖父母と住んでいた
いとこ に対して、ジージはこう言った
と言っていました。

「バーバと結婚できて本当にラッキーなんだよ」
って。

そういうこと孫に言えるのって素敵だなって思います。
生きていたら85歳とかの昭和の古い人です。

いつまでもかっこよかったし、古い考え
はない人であったのかもしれません。


もっと大人になって
色々聞きたかったなあ、というのが
正直な気持ちです。

私の両親

私の両親は、出会った場所はアメリカLAだったそうです。
今で言うワーホリみたいな留学に行った。
彼らは、LAのJapanese village(日本村)でバイト
をしていて出会ったそう。

40年前のころだから海外留学に
行くのは大変だった時代、両方とも両親を説得して
行ったみたい。

何年か経って、グリーンカードの申請をしていた
ところ(本当は働いたら行けないのに)
父が移民官に見つかって日本に強制帰国!笑

泣く泣く両親は日本に帰国したとこのこと。
もし、そのままアメリカで過ごしていたら
私もアメリカ国籍だったのに!と思ったりもします。


もう40年も前なので、その記録は
まっさらに消えて、(アメリカも雑だな)
うちの父も今ではいつでもアメリカに行けます笑

だから40年前は両親も
もっと今よりは流暢に英語を話せたよう。

父親は今の生活で使うことがないから
話さないけど、
母親は今では外国人に日本料理を教えたりして
海外の人と接するのが好きみたいです。

だから、小さい頃から英語を習わせて
くれたし、海外にも連れてかれた。
彼らの影響はとっても大きいかな。

トップガンとレイバン

そんな環境で育ったので、アメリカ文化は
いつも身近にあった気がします。

 

私の小さい頃の思い出は
「Dangerous Zone」

トム・クルーズ主演
映画「トップ・ガン」のテーマソングです。

 

父親が超速で走る車の中で
よくこの歌をかけていて、
レイバンのサングラスをかけて
いたように思います笑

 

大人になってトップガンって見てみると
全然印象が違くて、
トム・クルーズかっこえええ〜〜〜!
というやっぱり憧れるのは分かりました。

私も結婚するなら、
よくトム・クルーズが演じるような
正義感が強くて男らしい男性と
結婚したいです笑

他に小さい頃に見た映画で
印象に残っているのは、
「フォレスト・ガンプ」

何度も何度も見たなあ。
子供心に、色々衝撃的な場面も
ありました。

movies.com

 

ヒッピーの時代とか、
戦争の場面とか。

大学生になって初めてワシントンDCに
行って、あの有名なシーンの
モールに行ったときは興奮しました。

movies.com

 

フォレストの一途なところ。
そしてとっても優しい心、
好きだなあ。

 

90年代は、いろんな映画ありましたね〜
子供の頃、もちろんスタジオジブリ作品
は好きだったのですが、
ディズニー映画はビデオテープが擦り切れる
まで見ていました。

「美女と野獣」のビデオテープは、ある冬の
クリスマスプレゼントだったのを覚えているし、

「アラジン」は、こういうアラブの世界があるのか
というきっかけにもなった。
ジャズミンは本当に可愛いなあー!

movies.com

 

「ホームアローン」も沢山観たなあ。
ちょっと子供心に、怖い大人が印象的で
それに向かっていく面白さが中毒的に
面白かったなあ。

movies.com

 

多分、金曜ロードショーとかにでてた
のをビデオテープにダビングして
それを何度も何度も観ていたんだと思います。

そういう海外の影響から、
海外の文化やデザインがとっても好き
になっていったのだと思います。


ヒーローものの映画で
”いつも正義感があってなんだかカッコイイ”
アメリカ人の気質みたいなものを好きになり、

デザインはやっぱりカラフル
なので目がついたのだと思います。
バービー人形も好きだったし。

barbiedoll.com

 

人形遊びって、人形の髪の毛とか
シャンプーしてあげて、
バッサバサになったよね笑
シルクのようなヘアーが台無し笑

ちょっとがっかりしたのを覚えています。

 

そんな環境から、
何か心の中で海外という世界に憧れ
たり、好きだったりしたのだと思います。

新しいものが好きで
多くのものに好奇心が
強いのはジージの遺伝子かもしれません。

ジージにも、両親にも感謝しています。

 

▲画像をクリック! 海外直輸入のインテリアや、人と被らないファッションを揃えています!
ファッションアイデアもゲット出来るネットショップをチェックしてみてください♪

コメントを書く

*
*
* (公開されません)