Smart Blossom

仕事、プライベートで 「怒る自分」と上手く付き合う方法

仕事、プライベートで 「怒る自分」と上手く付き合う方法

こんにちは!

アンガーマネジメントファシリテーターの
大野静香です。


・大好きな彼氏と仲良くしたいのに、なぜか怒ってしまう
・旦那に文句ばかり言っている気がする
・職場の上司の発言にイライラする

みなさんはこんな経験ありませんか?

 

「また怒ちゃった・・・怒らなくてもよかったのに」
と後悔することもありますよね。

では、人間にとって「怒り」とは本当
にいらない感情なのでしょうか。

「怒り」の感情が生まれる理由を理解し、
「怒り」をマネジメントできるようになると

怒ってしまったという事実によって
後悔することがなくなります。

アンガーマネジメントとは、
このような考えを言います。

 

アンガーマネジメントが実践できると、
周囲の人との関係がうまくいくことが見込めるのです。

pinterest.com

 

まずは以下の項目でアンガーマネジメントの基本の考え方となる、
「怒り」を紐解いていきましょう!

1.「怒り」って必要なもの?
2.「怒り」の裏に隠れているものとは
3.アンガーマネジメントを活用しよう

1.「怒り」って必要なもの?

そもそも「怒り」という感情は何のためにあるのでしょう。

実は人間にとって、なくてはならない感情なのです。
人間が脅威に面したとき、

① ここから逃げ出すか
②脅威に向かって立ち向かうか、
選択しなければなりません。

この選択をさせる感情が「怒り」なのです。
「怒り」は身を守るための感情=防衛感情と言えます。

そのため人間が生きていくにあたって
「怒り」の感情をなくすことはできず、
「怒り」の感情が存在しない人間もいません。

「怒り」という感情そのものを取り除くことはできないのです。

pinterest.com

2.「怒り」の裏に隠れているものとは

「怒り」の感情が生まれるのには理由があります。

何かの出来事に遭遇した時、
私たちはまず第一次感情を持ちます。

第一次感情とは、「不安」「つらさ」「悲しさ」などです。

その第一次感情が積もりに積もって、心のコップから溢れてしまうと
「怒り」の感情が生まれてきます。

「怒り」は第二次感情なのです。
そのため、私たちが「怒り」を感じたとき、
その裏には必ず他の感情が隠れているのです。

3.アンガーマネジメントを活用しよう

アンガーマネジメントという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。


アンガーマネジメントとは、
「怒り」の感情によって後悔しないことを言います。
全く怒らないということを意味するのではありません。

アンガーマネジメントを理解すると、
私たちを怒らせるものの正体を理解したうえで、
怒るべきことは怒り、
怒らないべきことは怒らないような意識付けをすることができます。

また、「怒り」の感情が生まれたときに、
反射的に何かをしてしまうことを避ける方法も学べます。

まずは自分がアンガーマネジメントを実践することで、
周りの人との関係性をよくすることが見込めるのです。

 

pinterest.com

「怒り」と「アンガーマネジメント」についてもっと知りたい!
と思って頂けた方々向けにセミナーがあります。

このセミナーでは、わたしたちを怒らせるものの正体を知ったり、
自分の「怒り」のタイプを分析することができます。

日常生活においてすぐ実践できる、「怒り」との付き合い方も学べます。
この機会に自分の怒りの感情と向き合ってみませんか。

>>こちら<< クリックしてセミナー内容を見てみる

 

 

 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)