Smart Blossom

英語も解説 ダウンロードしたい洋楽2017ベストヒット

約 1 分
英語も解説 ダウンロードしたい洋楽2017ベストヒット

 

洋楽って、
何回聞いても飽きないですよね〜!

結構ダウンロードをして、
携帯に音楽を入れているひとも
多いのではないでしょうか?

超ノリノリの2017ベストヒットの
洋楽をご紹介します!

この曲達をダウンロードすれば、
移動中気分があがること間違いなしです!

曲ごとに英語もちょっと解説しているので、
歌詞が分からなくてもちょっと雰囲気は掴んで
もらえると思います。

 

「Look What You Made Me Do」
/テイラー・スウィフト

 

ゾンビとして蘇ったテイラーが、
強盗になったり、
ゲイっぽいダンサーと踊ったり、
最後は何かの授賞式?
で締めくくられるという意味深なPVです。

実はコレ、宿敵であるカニエ・ウェスト夫妻への
ディスりではないかというウワサに…。

「Look what you made me do. 」とは、
“あなたが私にさせたことを見て”という意味です。

また、
「But I got smarter,
I got harder in the nick of time」
”でも私は間一髪で賢くなったし強くなったの」

と書いていて、明らかに、

今までテイラーのことをディスってきた
人達へのメッセージ

と言えるかと思います。

 

こちらの記事でも結構詳しく解説しています!

テイラー・スウィフト最新曲と前カレ達
テイラー・スウィフトの最新曲のミュージックビデオが Youtubeで公開されましたね!(8月28日) 「Look what you made me do あなたが私にしたこと分かってる?(意訳)」 彼女のミュージックビデオはいつもとっても 凝っていますが 今回も面白く、話題になること間違い無しのものですね。 世界的に超有名ポップスターのテイラーですので もう紹介は必要ないと思いますが、 彼女のキャリアが詰まったこのMV。 今までの彼女のステージでの衣装、 MVでの衣装をまとったシーンがあります。 それがこちら ちょっと彼女の歴史も重ねて観ていこうと思います。 テイラー・スウィフトの キャリアと歴史 pinterest.com 1. 敵がいっぱい 自立心の強いテイラーですから、 “出る杭は打たれる”という感じでしょうか。 今までも複数の人とトラブルになったことが。 VS カニエ・ウェストとキム・カーダシアン ビデオミュージックアウォードの授賞式の席で 歌手のカニエ・ウェストが、 テイラーの受賞に異議あり! 本当はビヨンセに賞が行くべき、 とステージに上ってテイラーをディスったのは大変有名。 entertaimenttonight.com それからというもの、彼らの中にはバトルが。 カニエの妻のキム・カーダシアンも 前はテイラーと仲良かったのに カニエサイドにつくことに。 pinterest.com カニエが、「Famous』という曲を発表して、 テイラーを”あの事件がお前を有名にしてやった” というような歌詞を書いて色々話題になりました。 VS ケイティ・ペリー pinterest.com こちらも大人気歌手のケイティ・ペリーと テイラーが仲が悪いのは こちらも大変有名。 何が実際に起こったのかは誰も分かりません。 2009年頃までは友達だったのに。 ジョン・メイヤーという歌手と2人とも 付き合っていて(テイラーは2010年、ケイティは2012年) それが最初の原因かもしれません。 一番の打撃は、 テイラーのコンサートツアーのダンサーが ケイティのコンサートツアーに乗り換えてしまったこと。 これが一番のパンチでした。 それというもの、お互いTwitterで

 

「Versace On The Floor」
/ブルーノ・マーズ

 

いい意味で80年代の
ポップスを思わせるような、
素敵なバラードです。

ブルーノ・マーズの甘い声と、
結構直接的な歌詞です。

「Let’s just kiss till we’re naked.」という歌詞。
“裸になるまでキスをしよう”ですよ笑

ブルーノに言われたら・・・笑

 

「Bon Appetit (Official) ft. Migos」/
ケイティ・ペリー

 

Bon appetitとは、
フランス語で「召し上がれ」という意味です。

英語にもなっている
よく聞く英単語かと思います。

個性派クイーン・ケイティ、
今度はなんと、
カニバリズム全開の曲を披露!?

セクシーかつグロテスクな、
異様な世界観は賛否両論のよう。

ちなみにPVに登場するコック長は、
「世界で最も影響力のある100人」
にも選ばれた
韓国系のシェフ、ロイ・チェ氏です。

 

「CAN’T STOP THE FEELING! 」/
ジャスティン・ティンバーレイク

 

思わず踊りだしたくなる、
ノリノリなナンバーです。

「恋ダンス」ならぬ
「CAN’T STOP THE FEELING!
ダンスを踊ってみた」

動画の投稿も、トレンドになりました。

「Can’t stop the feeling」は、
この感情を止められない、

という意味ですが、

もうウキウキして、
踊り出さずにはいられない!

という意味だと思います。

 

「Despacito ft. Daddy Yankee」
/ルイス・フォンシ

 

プエルトリコの歌手、
ルイス・フォンシによる
ラテン・ダンスナンバーです。

英語でなくスペイン語なのがまた、
なんとも軽薄でセクシーな雰囲気ですよね。

ジャスティン・ビーバーの
リミックスバージョンも、
世界中で人気になりました。

「Despacito」とは、
ゆっくりと
というスペイン語です。

これも、結構直接的な歌詞です。

”僕の全ての感覚が
君をほしがっている”とか
言っています笑

 

「It Ain’t Me」
/カイゴ、セレーナ・ゴメス

 

ノルウェー出身のDJカイゴと、
セレーナ・ゴメスの
コラボレーションソングです。

カイゴは1991年生まれの26歳と若くして、
世界に名を馳せるDJとなりました。

曲のほうは、セレーナ・ゴメスと
元カレ・ジャスティンのことを
歌っているのではと言われています。

 

「And you’ll be on your own」
あなたは自分勝手なのはわかってる

「Who’s gonna walk you through
the dark side of the morning?」
誰があなたに付き合うの?

「It ain’t me」
もう私じゃないの

ジャスティンの事だと思うと、結構歌詞が
意味深です。

やっぱり、ジャスティンの自分勝手さが
別れる原因だったのか?!

 

「Shape of You」
/エド・シーラン

 

イギリスのシンガーソングライター、
エド・シーランの楽曲です。

「キミの身体が好き」…
どストレートすぎる歌詞ですが、
よく考えたら逆に、
そんなふうに言われて悪い気はしないかも…?

PVではなぜか、スモウレスラーが
登場しています(笑)

「Shape of you」は、
君の身体の形という意味ですね。

「And last night
you were in my room」
昨晩君は僕の部屋にいて、

「And now my bedsheets
smell like you」
だから僕のベッドシーツが
君の匂いがするんだ

という本当にセクシーな曲です。

大好きな彼とこの曲で盛り上がる…
最高かもしれませんね!笑

 

「Too Good At Goodbyes」
/サム・スミス

 

大事に思うがゆえに近づけない、
そんなもどかしさを歌ったバラードです。

サム・スミスの美しいファルセットは、
もはやクラシックのような
荘厳さすら感じます。

「I’m way too good at goodbyes」
僕はさよならには慣れているんだ

am good at ~ で、〜が上手い。

way too goodというのは、
too goodをさらに強調した
wayをつけています。

慣れすぎている、
ということですね。

「Baby, we don’t stand a chance,
it’s sad but it’s true」
ベイビー、僕らの関係に見込みは無いよ、
悲しいけどそれが真実だ。

 

いかがでしたか?

 

歌詞の事についてちょっとでも分かると
より洋楽ってもっと楽しめるし、

上手く歌おうと思うと、何度も
練習して発音とかも気をつけると思います。

好きな曲は空で歌えるくらいになると
洋楽で英語も勉強できたりします♪

 

今回ご紹介したブルーノ・マーズが
車で、アカペラカラオケしちゃう!?
記事も是非、ご覧ください♪

セレブが熱唱Carpool Karaoke!に Bruno Marsが登場!

セレブが熱唱Carpool Karaoke!に Bruno Marsが登場!
セレブが熱唱Carpool Karaoke!に Bruno Marsが登場! アメリカCBS放送の人気番組「The Late Late Show with James Cordon」の人気コーナー、 「Carpool Karaoke!」。 毎回セレブが車の中でカラオケをしたり、 軽快なトークを繰り広げるこのコーナーに、 今回はグラミー賞受賞シンガー、Bruno Marsが登場です。 今回もおなじみのこのセリフでスタートします。 James: 音楽かけてもいいかな? Bruno: いいよ! ブルーノのヒット曲の一つ、「24K Magic」が車内に流れ、 二人で熱唱します。 そして二人のトークが始まり、Brunoが意外な事実を暴露します。 James: Brunoはいつも明るいよね。 Bruno: もちろん! James: ぼくもBrunoみたいな着心地よさそうな服を着てたら 気分上がると思うんだけど、僕には、その服着ることはできないな。 Bruno: なんで?着るべきだよ! James: ぼくが着たら、みんな僕が精神的に参ってるって思うよ。 あと、Brunoの帽子はいつもおしゃれだよね。 Bruno: 帽子、なんで被ってるか知ってる? James: なんで? Bruno: 髪の毛をどうしたらいいか、わからないからだよ。 そしてここでJamesがBrunoに似合いそうな帽子を取り出し、 二人で次から次へと被りながら、Brunoのヒット曲を熱唱し、 Brunoのプライベートに迫っていきます。 James: いつごろから人前で演奏したいって思うようになったの? Bruno: 4歳のときさ。 James: 4歳?それはまたどうして? Bruno:

 

 

 

▲画像をクリック!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)