Smart Blossom

素敵すぎる♥︎アメリカセレブ達のウェディングドレス

約 1 分
素敵すぎる♥︎アメリカセレブ達のウェディングドレス

 

 

アメリカのセレブ達は、
ウエディングでも文字通りの光り輝くお姫様。

目の覚める美しさが、もうたまらない。

ウエディングドレスの好みには、
花嫁(たぶん花婿も)の個性や考え方
表われると思いませんか?

 

元ヴィクトリアズシークレットのエンジェル、
ミランダ・カーの美に脱帽

✨❤️✨

A post shared by Miranda (@mirandakerr) on

 

ミランダ・カーが
美しいカスタムディオールの
ウエディングドレス
を着て
写真に登場した日は、
一大センセーションでした。

ドレスのデザイナーは、
マリア・グラツィア・チウリ。
ハイネックとロングスリーブの
サテン素材が妙に新鮮。

これはモナコのグレー・スケリーを思い出させる、
ちょっとレトロなデザインです。

 

スカートにはリリーのアップリケが施され、
真珠を贅沢に使ったティアラは、
ロンドンで活躍するデザイナー、
スティーブンジョーンズ作だそうです。

ミランダのドレスは、
シンプルでゴージャス、
クールだけど暖か味があり、
どこか懐かしいが、しかし洗練された

先端のファッションにも感じます。

彼女がまた隠し持っていた魅力まで
引き出してしまった、

そんなウエディングドレスでした。

 

ハート型の背中が印象的な
ピッパ・ミドルトンのドレス

http://www.mirror.co.uk

 

Pippa Middleton, the sister of Britain’s Catherine, Duchess of Cambridge, arrives for her wedding to James Matthews at St Mark’s Church in Englefield, west of London, on May 20, 2017. REUTERS/Kirsty Wigglesworth/Pool

https://www.pinterest.jp/pin/549931804488357911/

 

キャサリン妃の妹ピッパは
ウエディングドレスのデザイナーに、
イギリスのジイルズ・ディーコンを選びました。

そのドレスは充分納得できる
仕上がりだったという事です。

ハイネックでカップスリーブ、
フロントにドレープが施され、
バックはハート型にカットされています。

コルセットが使われているので、
キュッとしたボディに。

およそ4万ドル強の費用を
ドレスにかけたという噂
です。

ミラー・スティーブン・ジョーンズ作のベールと、
ロビンソン・ペルハム作のティアラには、
絶妙なチーム力が発揮されています。

 

ジェシカ・ビールの
ウエディングドレスに落胆の反応も

https://www.pinterest.jp/pin/520376931915347370/

 

ジェシカ・ビールのウエディング姿を、
ファン達は待ちに待っていたのですが、
少々裏切られたという感想も。

 

ピンクの素敵なドレスではあったのですが、
花嫁衣裳という感じがしない。
もしこれが典型的な白やクリーム色であったなら、
問題なかっただろう
と囁かれています。

でもご本人はドレスに満足したようなので、何よりです。

 

アン・ハサウェイのドレスも
評判は今一歩

https://www.pinterest.jp/pin/172122016980130576/

 

アンハサウェイのウエディングドレスは、
アイボリーのシルクで裾はピンクの刺繍が施され、
充分すぎるくらいのボリュームと長さ
でした。

 

プリンセスらしいアンでしたが、
体中を包み込みすぎていて、
ファン達からは感動のリアクションがなかった
とか。

最後に

 

セレブ達のウエディングドレスは
どちらにしても意外性がありますね。

結果的に、ファン達には忘れられない
ウエディングドレスとなっています。

 

 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)