Smart Blossom

幸せって何?ハーバードの教授が出した究極の答え

約 1 分
幸せって何?ハーバードの教授が出した究極の答え

75年間も継続した超レアな研究とは

2015年11月にTEDxが行なった、
ハーバードの教授で精神科医の
ロバート・ウォーディンガー氏

貴重なスピーチについてシェアさせて下さい。

 

ハーバードの教授を筆頭とする研究陣が
75年間も続けている
超レアな研究とはいったい何なのか。

https://www.ted.com/

 

その研究とは、
人を幸せするものとは何か?」です。

 

誰しもが心の内に持っている
自分自身への問いかけですが、

これをハーバードの研究陣が長期間、
冷静に分析していくのですから、
その研究結果が気になりますよね。

 

教授はこう語ります。

あなたは、自分を健康で幸せにしてくれるものは
いったい何だと思いますか?
そして素敵な未来の為に、
時間やエネルギーをどこにそそぎますか?

と人々に尋ねると、

80パーセントの人が、
富を得ること、と答えました。

又その同じ若者の50パーセントは、
有名になる事、と答えました。」
と。

生涯を調査し続ける

 

教授達は、ある人々の生涯を10代からずっと
健康状態、家庭状況、仕事、考えている事等を
定期的にインタビューし記録し続けました。

普通はこのような研究は
途中で頓挫してしまうのに、
これは75年前から今もなお続いているのです。

男性からスタートし
現在はその中の約60人が健在。

家族達も参加してくれるようになり、
彼らの子供達2千人以上にも
参加してもらっている、と。

研究対象として、
ハーバードを卒業し世界大戦へ行った人達や家族。
ボストンのスラム街に住む少年達や家族。
スラム街出身の少年達は成長し、
労働者になった人、弁護士になった人、
職人、医者、アル中の人、
アメリカ大統領になった人等、様々。

 

時々「俺みたいなのを研究をしたって、
つまらないぜ」と言われることもある、と。

https://pixabay.com/

何万ページもの情報からはっきり出た答え

 

数世代に渡り根気良く集めた膨大な情報から、
今はっきりと出た答えはこうだったのです。

健康で幸せになる為に必要なものは、
富でも名声でもなく、
がむしゃらに働くのでもない、

『良い人間関係を築く事』に尽きる、

というのです。

 

孤独な人生を送る人よりも、
多くの人々と交流して生きている人の方が
幸せで長生きをしている、

つきあう人の数ではなく質が大事。

更には
50代で満足した人間関係を築いた人は、
80代でも幸せで満足した生活をしている、

と語ります。

 

たとえパートナーと小言が続いても、
お互いが頼れていると感じている人は記憶がはっきりし、

頼れないと感じる人は
記憶障害が早期に現れたりするそうです。

そして自ら良い交流を持とうと働きかける人が仕事でも上手くいく、と。

最後に

 

教授は最後に
マーク・トゥエインの言葉を引用しています。

「短い人生に、
争い傷き責任追及する暇などない。
愛し合う時間しかない」
と。

 

良い人生は
良い人間関係で築かれるんですね。

 

https://burst.shopify.com

 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)