Smart Blossom

「ヘルシーな習慣:PMSを治す5つのナチュラルな方法」

約 1 分
「ヘルシーな習慣:PMSを治す5つのナチュラルな方法」

「ヘルシーな習慣:
PMSを治す5つのナチュラルな方法」

生理前になると頭痛や腰痛、イライラ、憂鬱な気分に悩まさる‥。
そんな症状があるなら「PMS」かも知れません。

PMSとは月経前症候群のこと。
PMSによる心や身体の不調は排卵後から生理予定日に
かけて出やすく、およそ8割の女性が悩んでいるとの調査もあります。

そんな辛いPMSの症状は、
日々のナチュラルなセルフケアで改善してみましょう。
今回は、5つのポイントに分けてご紹介いたします。

Point1:適度な運動を心掛ける

運動不足は体力を低下させ、身体の免疫力を下げる原因に。
ぜひ日頃から適度な運動を心掛けて。
軽いウォーキングを日課にすれば、
ドーパミンやセロトニンといった幸せホルモンが分泌され、
憂鬱な気分をさっぱりさせてくれますよ。

Point2:ストレスを溜めない

仕事や人間関係のストレスが溜まり緊張状態が続くと、
PMS症状を悪化させる原因に。

ぜひ上手に気分転換して、日々のストレスを
こまめに解消しましょう。好きな映画を観たり、
カラオケを楽しむのもいいですね!
ただし、アルコールやタバコはPMSを悪化させてしまいますので控えましょう。

Point3:バランスのいい食事

栄養バランスのいい食事は、PMS症状の緩和にとても大切です。
普段からビタミンやミネラルが豊富な食材を、
積極的に摂取するよう心掛けてみましょう。

お薦めの食材は、ビタミンB6を含む鶏レバーやマグロの赤身、
ビタミンEを含むナッツ類、カルシウム豊富なチーズやしらす。
また、納豆などの大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、
女性ホルモン「エストロゲン」と似た性質を持ち、PMS症状の軽減に効果的です。

Point4:生活のリズムを整える

睡眠不足は免疫力低下や自律神経の乱れを招く原因になります。
毎日の就寝時間を決めて、規則正しい生活を意識しましょう。
ぬるめのお風呂にゆったり入って、安眠効果を促すのもお薦めです。

また、夜の10時から2時の間は、自律神経を整える成長ホルモンが
分泌される時間帯。ぜひこの時間内にはベッドに入るよう心掛けてみましょう。

Point5:アロマで気分もリラックス

アロマの精油に含まれる天然成分には、
PMSで落ち込みやすい気分をリフレッシュさせたり、
イライラを沈めてくれる効能が期待できます。

前向きな気持ちになりたい時にはグレープフルーツ、
不安感がある時にはゼラニウム、眠気を覚ますローズマリー、
安眠効果を高めるラベンダーなど、
症状に合わせたアロマを上手に取り入れてみましょう。


ナチュラルなセルフケアを日頃から意識して、
辛いPMS症状の改善に努めてみましょう!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)