Smart Blossom

オセアニアのハワイ♡フィジー日記女子一人旅

約 1 分
オセアニアのハワイ♡フィジー日記女子一人旅

2017年6月

私は30歳の誕生日に!ということで、
女一人で南の島フィジーに行くことにしました。

滞在期間1週間。

フィジーに行く人へ参考になればと思ってこのトラベル記事を書きます。
(なかなかフィジーのブログ記事って無いのですよね)

最後に、動画も貼り付けますので是非御覧ください♡

とってもおすすめのフィジー♡
私のおすすめポイント3つ紹介しながら
フィジーについて書いていきます。

1. 人が優しい
フィジーのローカルの人はとても優しいという話です。
発展途上国であるにも関わらず、国民の幸福度を測るランキング
では常に上位というフィジーです。

確かに、あんな海が綺麗で自然が美しい国にいて、
ストレスを感じることは少ないのかもしれません。
フィジーの人たちは大らかな性格でありますし、
笑顔がいつも耐えない
国民性です。

観光産業が最も重要なフィジーですが、
観光業に従事している人もそんなに
ガツガツしていません。

観光客を騙すようなはことはしませんし、
一緒にフィジーの美しさをシェアしましょう。
というような心意気を感じます。

「ブラー(こんにちは)」という言葉は
フィジーに行くと毎日何度でも聞く言葉です。


2. 日本人が少ない

海外に慣れた人はなおさらですが、日本人が沢山いる観光スポットには
出来れば行きたくないと思うかもしれません。

そうであれば、フィジーはとっておきのバカンス地です。
日本から少し遠い距離にあるので、そこまで日本人を見る機会はありません。

もちろん、ハネムーンでカップルが訪れる南の島なので
、もしかしたら少数の日本人に会うかもしれません。
それも、フィジーの行き先の島 によって違うと思います。

フィジーは多くの島から構成されている国です。
フィジーに行くなら離島、なのですが、
日本人観光客に人気なのは、マナ島という島。
とても観光客フレンドリーな、何でもあるリゾート島です。

マナ島のホテルには日本人スタッフも在中だといいます。
そういうところに行くと日本人観光客が多いと思います。

他の島だと、日本人スタッフがいないホテルも多いので、
そういうところに行くと自分だけが日本人ということも多いでしょう。
中国人観光客はどこの国に行っても多いですが。

どこの島に行くのが良いのか?

それが問題になってくるかと思いますが、マナ島は日本人が多い島。
マロロ島、トレジャーアイランド、マロロ・ライライ島、またマノア島
と島をピックアップするには沢山の選択肢があります。

どこの島も海は綺麗だと思います。

あとはホテルを自分の要求を満たしてくれるところを選べば良いと思います。
予算は高いのか?低いのか?

普通のホテルに泊まりたいのか?
バックパッカーがよく泊まるような安い宿で良いのか?

私はWifiが無料で使えるホテルというのは必須でした。
結構沢山のホテルを見ても、ロビーでは使えるけど、
自分の部屋では使えないというホテルが多いように見えました。

それも当然、離島ですからね。環境を整えるのが大変なのでしょう。

自分の要求を満たしてくれるリゾートホテルを選べば、
あとは英語ができるかという点。
日本人スタッフがいなければダメ、というのであれば在中のホテルを選ぶしかありません。
自然と選択肢は狭くなってくると思います。

 

3. ザ・南の島
白い砂浜のビーチとココナッツの木。
木陰でゆっくり寛いで・・・という夢のような光景を実現できるのがフィジーです。
観光客も騒がしいほど多くないですし、本当の逃避行という感じで、
ゆっくりできる南の島です。

もちろん海に囲まれていて、最高に海が綺麗な国です。

本島に泊まるよりも、離島に泊まり、
綺麗な海を満喫するのがおすすめです。

シュノーケリングやダイビング、
マリンスポーツなど南の島で楽しめるアクティビティー
は全てあり、どれも最高級。

フィジーでは自然の美しさに圧巻されると思います。

最高に綺麗なサンセット。自然と生きていることに感謝をしたくなる瞬間です。

 

ダイジェスト動画です!

まだまだフィジーブログ続きます!
 

▲画像をクリック! 海外直輸入のインテリアや、人と被らないファッションを揃えています!
ファッションアイデアもゲット出来るネットショップをチェックしてみてください♪

コメントを書く

*
*
* (公開されません)