Smart Blossom

働き女子必見!10分で美食♥︎時短料理術♥︎

約 1 分
働き女子必見!10分で美食♥︎時短料理術♥︎

仕事に家事にと何かと忙しい女性にとって、
毎日のお弁当作りや夜の献立など、
ささっと作って時短できたらラクで嬉しいですよね!

そんな時にお薦めなのが、

週末におかずをまとめて1週間分
仕込んでしまう方法です。

例えば日曜日に買い出しに行って1週間分の食材を購入し、
一気に調理して保存しておくことで、
時間は勿論、ガス代の節約にもなりますし、
食材も新鮮なうちに使えるのでムダがないんです。

特に一人暮らしの場合は、食材が余って困るなんて
悩みもつきものですから、ぜひ活用しない手はありませんね!

まず初めにお薦めの食材は、

肉なら使いまわしの利く合い挽肉。

玉ねぎのみじん切りと合わせて捏ね、
ハンバーグを作って焼けば、ジップロックに入れて
冷凍保存することができます。

食べたい時にレンジでチンして出せばいいので、便利ですね。
多めに作ったハンバーグは、野菜やデミグラスソース缶と一緒に煮て、
煮込みハンバーグとしてアレンジしても美味しく頂けます。

また、挽肉はそのまま炒めて甘辛く味付ければ、
お弁当に便利なそぼろになりますし、
玉ねぎのみじん切りと炒めて、
レンジでふかしたじゃがいもと合わせれば、
コロッケを作ることもできます。

この場合は、衣をつけた状態で冷凍保存し、必要な時に適宜揚げるようにしましょう。

また、

買いだめしやすいトマト缶を使ったレシピ

も、アレンジが効くのでとても重宝します。
鶏ももや玉ねぎ、にんじんといった食材を、
にんにくのみじん切りと共に炒め、
トマト缶を加えて煮込みます。

ここにコンソメ顆粒やケチャップをいれて味を調節すると、
手軽な鶏のトマト煮込みの完成です。

食材を小さめのダイス状にカットすれば、
ミネストローネスープにも応用が利きますし、
少し煮詰めてパスタソースとして使ってもいいですね。

また、カレールーを加えれば、野菜のうまみがしみ出たチキンカレーに。
大きめの鍋に作ったら、1食分ずつをラップ
やジップロックに入れて、冷凍保存しておきましょう。

更に、日々の献立に栄養価や和の温もりをプラスする常備菜として、

日持ちのするひじきの煮物はいかがでしょうか?

ひじきに人参や大豆の水煮を加え、濃いめの味つけで煮つけておけば、
冷蔵でも3~4日持ちますし、1食分ずつラップで小分けして冷凍すると、
2週間ほど保存が可能になります。

夏場は冷凍のままお弁当に入れることで、
保冷剤の替わりにもなり、食べるころには自然解凍されていますよ!

毎日の充実した食生活は、健康や美容のためには勿論、
明日への活力に繋がります。

ぜひ、おかずのまとめて準備術を活用して、
ゆとりある生活を実現してみてはいかがでしょうか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)